塾講師が採点によく使う色鉛筆

塾講師の年収はどのくらい?

最近テレビなどで引っ張りだこの塾講師。一部の有名講師の年収は、なんと数千万円以上と言われています。何だか夢がありますね。
でもさすがに皆が皆、彼等の様な億万長者になれるわけではありません。では全国的な塾講師の平均年収は幾ら位なのでしょうか。
これは地方によってばらつきがありますが、求人サイトやハローワークの情報によると、400万円程度が平均的な年収の様です。初任給は25万円前後なので、全国的にみれば平均的な金額と言えるでしょう。
しかし平均は平均。この金額よりも多く貰える場合もありますし、その逆もあり得るのです。
ここで、塾講師の求人をお探しの方に、より高い収入を得るためのアドバイスが有ります。それは『初任給の高い求人に応募する事』です。
基本的に塾講師は、他の職種と比べて勤続年数による昇給幅が小さい職種と言われています。つまり役職の昇進や実務成績による昇給以外では、余り大きな昇給は見込めないと言う事なので、初任給が高ければ高いほど給与面では有利になるため、求人情報の初任給の項目をよく吟味すると良いでしょう。
とはいえ塾講師は、先述の様に非常に夢のあるお仕事です。自分の授業内容が認められ、生徒や保護者から指名されるようなトップ講師になれば、非常勤でも月数百万円という月収を得ている人も実際にいるのです。
お金が全てではありませんが、こういった部分もこの職業の魅力的な部分ではないでしょうか。

資格は必要?

塾講師は生徒に勉強を教えることが仕事です。学校の先生になるには教員免許が必要ですが、同じように教える仕事とは言っても、民間の企業に雇われる立場である塾講師に特別必要な資格はありません。資格がなかったとしても、求人応募先の塾の試験に合格すれば良いのです。
もちろん、持っていると試験でプラスに働く資格はあります。例えば、国語の担当なら漢字検定、英語の担当なら英語検定やTOEIC、数学の担当なら数学検定などです。
塾講師になるには、生徒に勉強ができるようになってほしいという熱意や、叱るべき時に叱ることができ、褒めるべき時に褒められること、コミュニケーション能力など資格よりも大切な素質が多くあります。いくら資格を持っているからといってこれらのことがなできなければ、良い塾講師にはなれないでしょう。これらこそ、必要な素質、スキルと言えます。
反対に、資格がないから塾講師にはなれないと諦める必要はありません。資格がないとしても、教えることが好きで、があれば十分に求人応募先の塾に採用され、塾講師として働くことはできます。
もし、求人を見かけたら、資格がないからと諦めないで、その求人に応募してみてはいかがでしょうか。
資格よりも、まずは塾講師になりたいという気持ち、そして素質、スキルがあれば良いのです。

スキルアップするには

塾講師の求人に応募してみたものの、学生に勉強を教えることは、想像していたよりも難しいと思う方は多いと思います。
塾講師の仕事は、生徒の成長を感じられる、やりがいのある仕事です。また、自分自身も成長できるというのもこの仕事ならではの醍醐味。
塾講師の求人に応募する上で、経験者か否かということが重要なのではなく、重要なのは、塾講師になってから、スキルアップをすることです。
人に勉強を教えるのは、その分野がわかっているからと言って上手くいくとは限りません。生徒の理解度は様々なので、同じ説明をしても理解できる生徒もいれば、できない生徒もいます。生徒をよく観察し、前にこう話した時はあまり理解できていないようだったから、次はこうしてみようとか図をもっと取り入れてみようといった日々の試行錯誤がスキルアップに繋がります。
また、論理的に話すためのノウハウが書かれた本を読んでみたり、他の塾講師の授業を見て自分の授業にも取り入れてみたりすることもスキルアップの方法です。
塾講師の求人を見つけた時がチャンスです。求人に応募してみたけれど、難しいかったと諦めないで、この仕事を通じて生徒と共に自分自身の成長を感じませんか。

1教科でも大丈夫?

塾講師として働き出す時に、自分が得意な一教科だけを教えるのは良いのかと思うことがあります。求人に一教科でも可と書かれている場合は一教科だけを教えるだけで良いです。
しかし、求人に何も書かれていない場合は、得意な教科は一教科だけでも、大学を卒業しているのだから分かるだろうと思われ、ほかの教科の指導も任されてしまうことがあります。求人に応募し面接などが行われるのであれば、一教科以外は教えることが出来ないと事前に伝えておく必要があります。
また、塾講師として働き出してから一教科だけを教えるとしても集団授業と個人授業では、気をつけるポイントが違います。
集団授業の場合は塾講師の自分が中心となり、学習を進めていくため、その日教える部分の予習復習を行っておくと良いです。詳しく知っておくことで、生徒からの質問などに適切に答えることができます。
個人授業の場合は、塾講師が中心というよりは、生徒のペースに合わせて学習を進めていくことになります。教えて欲しいところを、その場で言われるので事前に学び直しておくことは出来ません。それでも生徒からの信頼を得るめにも、すぐに学習を始める必要があるので、どこを聞かれても教えられるように幅広く深い知識を身につけておかなければいけないのです。
求人の用紙などに個人授業か集団授業か、記載されていることが多いため、確認してから働く塾を選ぶ必要があります。

転職者は多いの?

塾講師の求人は新卒・既卒かかわらず多く見ることができますが、転職者や、転職者を歓迎する求人は多いのでしょうか。
塾講師という仕事は人にものを教える、という部分で専門性が高いため、一見他業種からの転職が少ないように見られますが、そんなことはありません。転職サイトなどで塾講師の求人を確認してみると、多くが他業種からの転職や未経験でもOKという条件になっているはずです。
転職者が多く、また企業側も幅広く受け入れている理由のひとつは、この仕事がただ勉強を教えるのみではないからです。
多種多様な生徒・生徒の両親のニーズに答え、生徒の勉強以外の私生活のフォローも時にはしていくことが求められます。そういった部分は、ただ勉強だけを教えるのではない社会に出て培ったいろいろな経験が役に立ってきます。学校で学ぶ生徒も、最終的には社会に出て行くという目標があり、実際に社会に出た経験を踏まえた貴重なアドバイスができる人は、塾講師としてぜひとも欲しいのです。
また、比較的規模の小さい塾では塾講師のみの仕事にとどまらず、営業の一端を担い、新しい生徒獲得に動ける人材が求められます。営業職などの経験があれば、そういった部分での貢献も大いに期待されます。ただし、この部分の仕事内容に関しては求人内容を細かく見て判断したほうが良いでしょう。
実際に希望の塾に転職者が多くいるかどうかは、直接塾に質問すれば大体答えてもらえます。
参考サイト